イングリッシュ コッカー・アイラの生活


アイラモルトウイスキーにちなんで名づけられたインギーのアイラ。ニンゲン&遊ぶこと&食べることが大好きな女の子です。
by jaiko-islay
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:わんこ学( 9 )

SAVE PET PROJECT

「ポチのノミを予防したら、
捨てネコの命が助かった。」


セーブペットプロジェクトHPより


フロントラインを製造する「メリアル・ジャパン」と「日本全薬工業」で
「セーブペットプロジェクト」が開始されます。

動物病院で処方されるフロントライン(R)製品を購入すると、その売り上げの一部が
飼い主を失ったペット達を救う活動に寄付されるそうです。
(フロントラインプラスもスプレーもOKです。)





最近、暑くてジメジメした日が続いていてノミ・マダニが心配!
アイラも買い置きのフロントラインプラスがちょうどなくなったので
そろそろかかりつけの先生のところに行かなくちゃと思っていたところでした。
うちの子のケアをすることが、たとえほんのわずかであっても
どこかの犬猫さんの命を守るために使われることを嬉しく思います。

活動の詳細についてはこちらをご覧ください。
そしてご興味のある方はぜひ、かかりつけの先生のところにいらしてくださいね。
[PR]
by jaiko-islay | 2010-05-22 12:43 | わんこ学

『狂犬病について考える』

a0100721_1752483.jpg


なんだかセンセーショナルなチラシですが・・・
『狂犬病について考える』というパネルディスカッションがあり、聴講に行ってきました。

2009年7月25日(土)の毎日新聞一面に掲載された記事によると

「狂犬病予防法に基づき、すべての飼い犬に義務付けられている狂犬病の予防ワクチン接種率が実際には約4割にとどまる」

ということが、(社)日本獣医師会などの調査によりわかったのだそうです。

狂犬病は、狂犬病ウイルスの感染による人畜共通感染症です。
すべての哺乳類に感染し、人が発症すると致死率ほぼ100%・・・
ちなみにこの病気、紀元前にはすでにあり、ワクチンが開発されたのが19世紀後半。
幸い、日本国内での感染は50年以上なく、「狂犬病清浄国」とされていますが、
近隣諸国を見てみると、まだまだ狂犬病は身近で怖~い病気。
中国では年間約3000人、世界中で年間3~5万人が発症し、命を落としているそうな。


a0100721_1881273.jpg

厚生労働省のHPより拝借。


万一、狂犬病が国内に侵入してしまった場合に流行を抑えるためには、7割以上の犬が
ワクチン接種で免疫を持っている必要があるのだそうです。

そのために日本国内では「狂犬病予防法」に基づいてすべての飼い犬に登録と
年に一度のワクチン接種を義務付けているのですが、現状はとっても危険な状態。

で、どうして犬だけ?と疑問に思うわけですが、
人への感染源のおよそ8割が犬なのだそうです(残りの1割がコウモリ、残りはその他野生動物)。
まあ、万一、国内で蔓延した場合には、他の哺乳類にもワクチンを接種させたりするんでしょうけど。

要するに、狂犬病の予防接種って
「犬のためにするのではなく、人の命を守るためにするもの」だということで。
病気予防のための混合ワクチンとは根本的に違う種類のものなのです。
「うちの子は小型の室内犬だから」とか「注射をすると痛がって可哀想だから」などという理由で
予防接種を受けない飼い主さんがいるそうですが、そーいう言い訳は論外なのです。
健康上の理由でワクチン接種ができないのであれば、きちんと手続きすれば免除されますし。

で、接種率を上げるためにはどうすればよいのか?
まずはすべての飼い主に、自分の飼い犬をきちんと登録させること、これに尽きるのだそうです。
(犬の登録をすれば、年に一度の予防接種のお知らせが自治体から送られてくるので。)
現状では、日本で飼われていると思われる犬が1300万頭、そのうち登録されているのは
52%程度ではないかと言われています(平成20年度・厚生労働省発表)。
(登録しない理由として、ペット禁止住宅で隠れて飼っているケースが挙げられていました。
他にも、悪い犬屋さんが繁殖に使ってるとか、お金を払いたくないとか、色々あると思います。)


こんな感じのお話を聞いてきました。

50年以上前の先人たちが大変な努力をして、清浄化してくださったこの環境を守るために
犬飼いとして、法的責任は果たすべきだと思っています。
ただ、大切な家族である犬の健康と生命を守るためにも、少しでも安全なワクチンの製造と
ワクチネーションシステムを国や製薬会社にはお願いしたいと思いました。


 ◇◆◇追記◇◆◇
人畜共通感染症に関するちょっと可愛いHPです~。
『動物由来感染症を知っていますか?』(厚生労働省)
「実際にあったこんな話」が面白かったです。

☆話はかわりますが、トリミングに行ってきました~。
[PR]
by jaiko-islay | 2010-01-12 20:04 | わんこ学

『犬と猫と人間と』

犬仲間が薦めてくれた、この映画。
週末にお友達を誘って観に行こうと思っていたのですが・・・
うわーっ、渋谷での公開は今週金曜日までっ。
観られるチャンスは今日だけかも、と、慌てて雨の中、出かけてきました。

a0100721_207413.jpg


「大人も子供も、動物を大切に思ってもらえるような映画を作ってほしい」
ひとりの猫好きなおばあさんの依頼から、この作品は生まれました。

a0100721_2075339.jpg


監督・飯田氏のナレーションで、映画は進行していきます。
彼の温かい語り口と優しい目線に、思わず引き込まれていきます。

一日におよそ1000匹の犬猫が処分されている日本の現実。
行政施設の現状、民間団体での保護活動、捨て犬や捨て猫と向き合う人々・・・
動物愛護先進国・イギリスの現状や、戦時下の日本(犬の献納)についても触れています。

「処分」という役割を担う、行政施設の職員の方々(その多くは獣医師です)の葛藤。
すべての命を救うことは不可能だと割り切りながらも、許されるキャパの中で命を救う努力を続ける愛護団体の方。
人と動物が良好な関係を築くためには、社会が平和であることが第一、とおっしゃる、戦後の日本の動物愛護運動の礎を築かれた獣医師の言葉。
・・・犬猫にまつわるたくさんの方々の言葉が心に刻まれました。

機会があればぜひ、一人でも多くの方にご覧頂いて、何かを感じていただけたら、と思う作品でした。



◆犬と猫と人間と オフィシャルサイト◆
http://www.inunekoningen.com/
[PR]
by jaiko-islay | 2009-11-17 21:14 | わんこ学

観葉植物が欲しかったのですが。

最近、なんだか観葉植物が欲しくなってしまったワタシ。
アイラにいたずらされるリスクはすっかり忘れ、ひとりで盛り上がってました。
(熱しやすく、冷めやすい。)

植物と言えば、干からびた蓮の花しかない殺風景な我が家。
近所の園芸店やらホームセンターやらに行くたびに、キョロキョロと挙動不審なんだけど(笑)
確か、犬猫にとって危ない植物があるって聞いた記憶があるような気がして踏みきれず。
マイブームが去らないうちに、調べてみようと思い立ちました。

a0100721_1025846.jpg


こんなにたくさんありました・・・
【犬と猫に危険な植物】(ペットフード事件簿より)

“犬と猫に危険な植物はかなり多いですが、個体差もあるため、
有害となるレベルがはっきりしない場合が多いです。
一端中毒になってしまうと治療が難しいケースもあるため、
危険度の高いものは気をつけたいです。
有毒と分類されていても、少量なら健康に役立つとされる植物もあります。
アロエやアボガドなどは、一部のペットフードの成分に使われている場合もありますが、
摂取量によってはかなり危険となります。”
だそうです。

特に危険度の高いものは
ツツジのなかま(アセビ・シャクナゲ・ツツジ)
ユリのなかま(スズラン・ワスレグサ・ユリ)
アボカド、イチイ、ジキタリス、シクラメン・・・などなど。
これは、死亡する可能性もあるそうで。

もっと「観葉植物ちっく(?)」なもので、リスキーなものは
緑竹、カラジウム、ヒトデカズラ、デヘンバキア、フィドルリーフ、ヒメカズラ、
ポトス、幸福の木、ドラセナ類。
【犬と猫に危険な植物】にGoogleとWikiのリンクあり、そこから画像が見られます。

他のサイトでは、ガジュマル、ゴムの木(安全な種類もあるらしい)、
ベンジャミン等の名前もあがっていました。
これからの季節だと、クリスマスといえばのポインセチアも危険!

もぉ、安全な植物って「猫草(えん麦などイネ科の植物)」しか思い浮かばないっ~!
私の中の「観葉植物ブーム」が音を立ててしぼんでいくのが聞こえたような気がします。
ビジュアル的にオシャレなグリーンへの憧れは、ニセモノで我慢するしかないのかも~。
どなたか、安全で可愛い観葉植物をご存知ありませんか?


- - - - - - - - - - - - - - 追  記  - - - - - - - - - - - - - -

犬師匠のpx3さんが危険な植物に関するエントリーをお知らせくださいました。
どうぞご参考になさってくださいね。

◆『犬の有毒植物』に関するエントリー

◆『我が家の犬が食べた単子葉植物』のエントリー

(px3さん、ありがとうございます!)
[PR]
by jaiko-islay | 2009-10-27 10:28 | わんこ学

ある犬の詩

a0100721_1371841.jpg


「犬」

神は地と天を創造されたとき
花や樹を造られ
それからあらゆる生き物を
そして全ての鳥や蜂を創造された。
ご自分の仕事を完成されたとき
ひとつとして同じものはなかった。
神は言われた。
「これからこの地球を歩き、
それぞれに名をつけよう。」
それから神は地を、海を、往かれた。
神がどこに往かれても
力の限りその後を付いていく
小さな生き物があり、
地のもの、空のもの、海のものすべてに
名がついたとき
その小さな生き物が言いました。
「神様、僕にはもう、名前が残っていません。」
父なる神(God)は笑ってやさしく言われた。
「お前のことは最後まで残しておいたのだ。
わたしの名前を逆さにして与えよう。
おまえの名は、Dog(犬)だ。」


(作者不詳)


---------------------------------------------------------


犬の詩といえば「犬の十戒」や「虹の橋」が有名ですが、こんな詩もあるそうです。
なんだかとっても感動しました。
犬と一緒に暮らしてみると・・・この詩の意味がわかるような気がしませんか?

犬に限らず、猫や他のペットたち、
あげているゴハン以上のものをニンゲンに与えてくれますよね。
ニンゲン以外の大切な家族にも、とっても感謝したい気持ちでいっぱいの今日この頃です。

あ、アイラさんも・・・いつもどーもです(笑)
アイラ:「がうがう。」

a0100721_13161890.jpg

[PR]
by jaiko-islay | 2009-05-28 13:20 | わんこ学

【ワタシの備忘録】フィラリア予防について。

a0100721_2118656.jpg


本日、かかりつけの動物病院でフィラリア検査&今シーズン分のお薬を頂いてきました。
昨年まで通っていた病院ではカルドメックチュアブルPを処方されていましたが
今の病院では、ミルベマイシンAがメインだそうで、今年はそちらを頂きました。

この時期になると毎年、このお薬は何系だっけ?どんな効果があるんだっけ?と
同じギモンを繰り返しているので・・・今回は私の備忘録としてまとめてみました。



◆フィラリアの生態◆

フィラリアの雄と雌の成虫が心臓に寄生すると、交尾し子虫(ミクロフィラリア=L1)を産卵する。
L1は血液中に循環し、蚊が吸血すると一緒に蚊の体内に入り、他の犬を吸血する際にL1を感染させる。
L1は生まれてから2年間は犬の循環血液中で生きられる。
L1は一度蚊の体内に1度入らなければ成虫になることはできない。
フィラリアは5段階脱皮(L1,L2,L3,L4,L5)を経由して成虫になる。

蚊の体内で、L1はL2,L3子虫に成長し、犬に感染することができる状態になる。
(環境にもよるが、1-2週間で感染可能な「感染子虫=L3」に成長)
基本的には気温は18度以上が必要、気温が高ければより早く成長する。

フィラリアが感染した蚊が犬の血を吸うと、蚊の「ツバ」と一緒にL3子虫が皮膚に入り込み、
最終的に犬の血流中に流れ込む。
犬の体内に入り込んだL3は、皮膚の中で1-2週間でL4子虫に成長、
L4子虫は犬の皮膚の中で3ヶ月ほどかけてL5子虫に成長し、ここで血液中を循環出来るようになる。
L5子虫は、5-7ヶ月後には肺動脈に到達して交尾可能な成虫になり、ミクロフィラリアを産生するようになる。

たけうち動物病院さまのHPを参照させて頂きました)


◆フィラリア症予防薬あれこれ◆

・カルドメック錠・カルドメックチュアブル
  成分:イベルメクチン、パモ酸ピランテル
  剤型:錠剤とチュアブル
  効能:犬糸状虫症予防、回虫駆除、鉤虫駆除
  特徴:日本で最初に承認された月1回投与の予防薬
  発売元:日本全薬工業

・イベルメックPI
  成分:イベルメクチン、パモ酸ピランテル
  剤型:錠剤とチュアブル
  効能:犬糸状虫症予防、回虫駆除、鉤虫駆除
  特徴:昨年より発売開始、骨型の形と、国産牛肉使用が特徴
  発売元:大日本住友製薬、フジタ製薬

・パナメクチン、パナメクチンPチュアブル
  成分:イベルメクチン、パモ酸ピランテル(チュアブルのみ)
  効能:犬糸状虫症予防、回虫・鉤虫駆除(チュアブルのみ)
  特徴:チュアブルはチキンをベースに使用
  発売元:明治製菓

・ミルベマイシンA
  成分:ミルベマイシンオキシム
  剤型:錠剤、散剤
  効能:犬糸状虫症予防、回虫駆除、鉤虫駆除、鞭虫駆除
  特徴:イベルメクチン感受性の高い犬に使用可能
  発売元:ノバルティスアニマルヘルス

・モキシデック錠
  成分:モキシデクチン
  剤型:錠剤
  効能:犬糸状虫症予防
  特徴:フィラリア陽性例でも使用する場合がある
  発売元:共立製薬

・モキシデックSR
  成分:モキシデクチン徐放剤
  剤型:注射液
  効能:犬糸状虫症予防
  特徴:1回の注射で6ヶ月間フィラリア感染を予防できる
  発売元:共立製薬


大きく分けると、イベルメクチン製剤が最も多い。
コリーを代表とする「P-糖蛋白」欠損の犬ではイベルメクチンの代謝が著しく低下するため、
それにより体調不良を起こす場合があるが、最近では検査が可能になった。

獣医師ますだせんせいのブログを参照させて頂きました)


◆で、その薬はどのステージのフィラリアに効くの?◆
※フィラリア予防薬は基本的にL3,L4の駆虫が中心。L2は蚊の体の中。L1,L5を駆虫する薬もある。

・イベルメクチン系
L4幼虫のみを殺すもので、確実に殺せるのは感染15~50日齢の幼虫。
L1がいれば一緒に駆除。
※コリー系犬種には投薬注意。

・ミルベマイシン系
効き目が一番強いと言われる。
L3,L4,L5初期の幼虫を殺すもので確実に殺せるのは感染15~60日齢の幼虫。
L1がいれば一緒に駆除。
※感染犬に投薬すると危険。

・モキシデクチン系
効き目が一番弱いと言われる。
L1は駆除しないので検査なしに投薬する場合もあるとか??
(L1が血管内でいっぺんに死ぬと詰まったりアナフィラキーショックを起こす危険性あり)
※コリー系犬種には投薬注意(イベルメクチンと成分が似ているため)。


◆昔はこんな薬で駆虫してました◆
・フィラリビッツ(写真は日本全薬工業(株)・日本全薬歴史館より拝借。)
a0100721_1333231.jpg

昭和55年発売、おやつ感覚で毎日投与する犬フィラリア症予防剤。現在は製造中止。
主成分の「クエン酸ジエチルカルバマジン」は人間のフィラリア症治療にも使われているそうです。
(Special thanks to O先生)



あくまでも私の備忘録です・・・何かあっても責任とれませんっ(汗)
誤りがあるかもしれませんのでご指摘いただければ幸いです。
随時、修正予定。
[PR]
by jaiko-islay | 2009-04-21 21:14 | わんこ学

人気犬種ランキング2009発表!

※写真は「マテ特訓中」のアイラさん・・・犬種はイングリッシュ・コッカー・スパニエル(人気ランク圏外)です。

a0100721_082164.jpg




(以下マイコミジャーナルより引用)


アニコム損害保険は22日、毎年恒例の「人気犬種ランキング」を発表した。同ランキングは、2008年4月1日~2008年12月31日に「どうぶつ健保」に加入した0歳の犬67,170頭を対象にしたもの。

ランキングでは、2000年のアニコムクラブ設立以来の人気を保っていた「ミニチュア・ダックスフンド」が3位に後退し、代わって「チワワ」が1位を獲得、昨年3位の「トイ・プードル」が2位に上昇した。

1位を獲得した「チワワ」は、体格が日本の住宅事情に適しており、室内でも気軽に飼育できることなどから人気が高い犬種。室内で十分に運動ができれば、屋外での散歩を必ずしも必要としないため、独り暮らしでも飼育しやすいとのこと。

また、体重10Kg未満の小型の混血犬は5位にランクイン。見た目がユニークで愛らしい「ハーフ犬」とも呼ばれる混血犬の人気が影響しており「今後もこの傾向は続くもの」(同社)としている。


人気犬種ランキング2009

順位(昨年順位)  品種         頭数(頭)   割合(%)

1位(2)  チワワ             12,666     18.9
2位(3)  トイ・プードル         11,911     17.7
3位(1)  ミニチュア・ダックスフンド   9,370     13.9
4位(4)  柴犬                3,721     5.5
5位(-)  混血犬(体重10kg未満)   3,286     4.9
6位(7)  ポメラニアン           2,711     4.0
7位(5)  ヨークシャー・テリア      2,530     3.8
8位(6)  パピヨン             1,935     2.9
9位(8)  ミニチュア・シュナウザー   1,899     2.8
10位(9) フレンチ・ブルドッグ      1,524     2.3


だそうです。
上位3犬種で50%、昨年と順位は入れ替わりましたが相変わらずの人気ですね。
5位に入ったミックス犬、ペットショップでもすっかりおなじみになりました。
これは私の予想ですが、今後は「ミックス猫」も流行ると思います。
先日行った「ペット博」でミックス猫の生体が多く販売されていましたので・・・
ちなみにミックス犬の台頭でランク外に落ちてしまった昨年度の10位はシーズーでした。

・・・それでも私はやっぱり、インギーが一番好きです(笑)
[PR]
by jaiko-islay | 2009-01-23 00:10 | わんこ学

The Intelligence of Dogs

こんなサイトを見つけました。

The Intelligence of Dogs
Ranking of Dogs for Obedience/Working
Intelligence by Breed


問題解決能力・本能的知能・作業服従の訓練性能に基づいたランキングだそうです。

よく、「頭のいい犬種ランキング」などと紹介されていたので
元のデータを見てみたくて検索してみました。
スタンレー・コリン氏の「デキのいい犬・わるい犬」に紹介されているものと同一です。
ざっと数えて132犬種、1位~80位にランキングされています。


ちなみにベスト5は・・・

  1位:ボーダー・コリー
  2位:プードル
  3位:ジャーマン・シェパード
  4位:ゴールデン・レトリバー
  5位:ドーベルマン・ピンシャー

だそうです。

大きさも作出目的もバラバラな犬種をランキングするのって考えただけでも大変そうだし
個体差もあるし、まあ、参考程度だよね、なんて思いつつも
大好きな犬種の結果は、とーぜん気になってしまいます。

 イングリッシュ・スプリンガー・スパニエル・・・13位
 イングリッシュ・コッカー・スパニエル・・・18位(他2犬種と同点)
 アメリカン・コッカー・スパニエル・・・20位

ですって。
リンク先にて、1位~80位のすべての結果が見られますので
ご興味のある方はご覧くださいませ。


a0100721_1315254.jpg


さて、本日のアイラさん、お風呂上がりでチリチリです・・・
[PR]
by jaiko-islay | 2008-07-23 13:26 | わんこ学

誰か新聞とってきて~!?


飼い主: 「誰か新聞とってきて~!?」

Gレトリーバー:「はーい!天気も良いし気分も良いし、新聞運びにはもってこいの日ね!」

Gシェパード:「私におまかせください。で、どこを通ればいいのでしょうか?」

ラブラドールレトリーバー:「ハイったらハイ! 僕!僕!僕にやらせて!いい?いい?ほんと?ウハウハ!もう最高!!」

バセットハウンド:「まだ昨日の新聞をとりに行く途中なんだよ」

ダックス:「と、とどかない...」

ポインター:「新聞はここ! ここなんだってば!!」

セッター:「今、新聞を追い出すからね...」

シーズ-:「ダッコしてポストまで運んでよ」

バーニーズ:「もっと重いものないの?」

ハスキー:「ついでに旅に出たいんですけど...」

ヨーキー:「あらやだ、コートが汚れるじゃないの。ボーダーコリーさん、悪いけど代わりに行ってくださるぅ?」

グレイハウンド:「逃げない奴にゃ興味無いね」

ニューファン:「泳がない奴にゃ興味無いね」

ビーグル:「新聞? 新聞って何? それって食べられる? ごほうびは?他のやつらじゃダメでしょ? やっぱ狩猟犬だよね!え?え? 誰がうるさいって?」

バセンジー:「・・・」

サモエド:「・・・」(ニコニコ)

セントバーナード:「あ,食べちゃった...」

ボルゾイ:「余はそのようなくだらぬ用にかかわりを持たぬ」

マスティフ:「俺に指図するたぁいい度胸じゃねえか」

グレートデン:「皆の衆,新聞を取りに行くのじゃ」

Bコリー:「近所の新聞も集めといたよ!」

猫:「いや」



a0100721_9442589.jpg


先日、ネットで見つけてあまりに面白かったので頂いてきました。
元ネタは、某掲示板に書き込まれたものだそうです。
ちょうど先日、お友達といろんな犬種の性質や飼いやすさなんかを話していたので
私の中でタイムリーなネタでした♪

みなさんのおうちの子だったら、なんて言うのでしょうか?
今回登場しなかった英米コッカーやスプリンガーなら、なんて言うでしょう?
アイラだったらきっと
「取ってきたけど、遊びに飽きたら返してあげるよ!」って感じでしょうか・・・
[PR]
by jaiko-islay | 2008-02-12 10:03 | わんこ学


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
■パピプー家族と他4犬種=8わんころ達★
(トイプードル×パピヨンMIX犬みゅうくちゃんとその子犬のどるとんくん&ぽもろんくんメインに★Eコッカースパニエル★Eスプリンガースパニエル★チワワ★ダックスとのブログ)
■E.S&A.Cスパニエルsofa君とメイちゃん奮闘記
(2頭のスパニエルと暮らすsofa君パパさんのブログ)
■くわんくわん
(English Coker Spanielの男の子Nackくんとニンゲンの女の子のNackloveさんとのラブラブニコニコな毎日の日記♪)
■Liana Kennel
(ENGLISH COCKER SPANIELS
ドッグショーでの活動や犬の話題を中心に展開しています。)
■CHEVYのひとり言
(イングリッシュ・コッカー・スパニエルCHEVYくんの写真日記。)
■Saku Loft Garden気まぐれDiary
(px3さんと愛犬レトリバー3頭との遊び記録。GRTやWTで活躍されています。お写真も素敵です。)
■GioGio&Me
(ワイマラナーのジョジョくんとつむじさんの日々の記録です。)
■うらんの気ままな日記
(黒ラブのうらんちゃん&仲間達の楽しい日常。)
■ほめろぐ
(ウィペット「レイチェル」「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記)


【資料・犬種図鑑 等】
■ペットフード事件簿Blog
キャットフード、ドッグフードの情報やニュースについて紹介しています。

■DOG GUIDE BY ANIMAL PLANET 犬種図鑑|犬種大百科

■ペットいっぱい【犬種図鑑】日本一の動物総合サイト×動物大図鑑
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧