イングリッシュ コッカー・アイラの生活


アイラモルトウイスキーにちなんで名づけられたインギーのアイラ。ニンゲン&遊ぶこと&食べることが大好きな女の子です。
by jaiko-islay
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:訓練( 13 )

久々のトレーニング日はやっぱり雨だった。

昨日は、久々にアジリティのトレーニング。
お天気は持つかなあ?と思っていたけれど、訓練所に着いたらやっぱり雨。
先生にも「雨の日、多くないですか?」って言われちゃった。
・・・アイラたん、雨女の本領発揮です。

たくさんあるアジリティの道具(っていうのか?)はまだぜんぶ挑戦できていませんが
暴走犬アイラは思いっきり走れるトンネルが大好きみたいです。
不器用なのでドッグウォークやシーソーは苦手みたい、高いところは好きなのに(笑)。
ちなみに、ハードルのジャンプは、無駄に飛んでるのでスピードが出ません。
(コレ、走り方や泳ぎ方のように、そのうち自分で学習するものなのだろうか???)

雨が降るとテンションあがっちゃうアイラ、とっても楽しく走れました。
トンネルを出た瞬間、すべって転がってるのにご注目ください、ぎゃははっ。





なにごともそうなのでしょうけれど、「○○を教える方法」は一つだけとは限りません。
犬のトレーニングなら、オスワリだって呼び戻しだってスラロームだってそうなのでしょう。
複数ある方法の中から、その犬に合った方法を選択し、正しく実践することができるとしたら
犬にとってもニンゲンにとっても負担は少なくて済み、とっても理想的。
先生とそんなお話をしながら色々考えさせられました。
そして、あまりのヒールワークの悪さに出された新たな宿題・・・
次のレッスンまでにどこまでいけるのだろうか(汗)。
[PR]
by jaiko-islay | 2010-06-28 13:47 | 訓練

アイラのトレーニング・近況

アイラのトレーニングの近況です。
昨年秋に「フライボールがやりたい!!」と見学に押しかけた先生のもとで
現在、基礎訓練に励みつつ、アジリティをかじらせていただいています。

通い始めた当初は、集中力が続かずに暴走を繰り返していました。
今までの私たちなら叱りつけていたところですが・・・
先生いわく、アイラの暴走行為には「本当にやりたくなくて逃げている時」だけでなく
「何をすべきかわからない不安から逃げている時」があるのだとのご指摘。
ニンゲンが対応を改めたところ、ずいぶん集中も続くようになりました。
ちなみに先生の方針は、「犬に考えさせること」。
今までずっと悩んできた多数の悪癖のいくつかは、改善の兆しが見えてきた気がします。

そして今の課題は、右サイドでのコントロール。
人間の右側につくことに慣れていないため、戸惑ってうろうろ、ふらふら。
ハードルに向かわせるつもりが、勝手にスラロームに・・・



人間も犬もまだまだ全然、アジリティのことがわかっていない状態ではありますが、
「ハンドラーと常にコンタクトを取りながら、犬が自分の意志で動くように仕向ける」プロセスが
とっても勉強になりますし、今の私たちにとても必要な要素だと感じています。

・・・ちなみにジャイコ、アイラの速い動きについていけずに転んだため、
ジャイアンにアジリティのハンドラーをクビにされました(涙)。

そうそう、訓練のお楽しみがもうひとつ。
訓練所の近くにはラーメン屋さんがたくさん!!
やっぱり食べる楽しみがないと何事も続かないのです?!

a0100721_14331124.jpg


☆今日もしつこく行きますよ~、テツコネタ!!
[PR]
by jaiko-islay | 2010-04-26 14:54 | 訓練

初めての「ぴょんぴょんキャッチ!」

以前から密かに気になっていた「フライボール」
先日の「動物感謝デー」でデモを見て「やってみたい!」と思い立ち、
実際にやっているお友達のお話を聞いたらますますテンションがあがり、
ついに、体験してきました~。

初めて見るボックスにきょーみしんしん。
a0100721_17522028.jpg


これが、「フライボールボックス」。
黒い板を前足で踏ませるとボールが飛んでくるので、それをキャッチさせます。
板を踏む・・・って簡単そうだけど、はじめはその感覚にも犬は違和感を感じているそうな。
最初はリードでコントロールしながら、ボックスの操作を覚えていきます。

a0100721_1758211.jpg


指導してくださった先生、アイラをご覧になって

・とってもやる気はあるけどノリだけ・・・なキャラであること。(同感っ!!)
・気が散りやすいこと。
・でも、意欲は強いこと。

を指摘してくださいました。
集中力を高め、メリハリをつけるために、たくさん遊んであげることが宿題!

GRTもフライボールも、犬を遠隔で操作しなければいけないという共通点があるので、
(競技ルールでは、ハンドラーはスタートラインの中に入ることができません)
アイラの今後にとっても、これはいい経験になるのではと密かに期待しています。
[PR]
by jaiko-islay | 2009-10-24 18:49 | 訓練

防災訓練に参加&雨に振り回された週末

この土曜日は成田で防災訓練に参加、日曜日も同じく千葉でアイラのレッスン。
自宅のある神奈川からの往復は大変・・・
ということで、週末はキャンプを計画し、とっても楽しみにしていました。

な・の・に、最近のこの超荒天、局地的大雨・・・
アイラのウォーターダミー(海水浴の写真で咥えているものです)もろとも流されては
冗談では済まないので、泣く泣く家に帰りました。
(日曜日の朝、先生に「昨夜は雨、降りました??」って未練がましく確認しちゃいました)

そういえば、金曜日の夜のすさまじい雷雨による落雷で電車がとまり、
飲み会で飲んだくれていた夫ジャイアンは危うく、帰宅難民になるところでした(笑)

ということで、土曜日に行われた「八都県市防災訓練」の模様です。
我々は、記録係(カメラマン)&啓蒙活動スタッフとして参加しました。

千葉県の堂本知事にご挨拶しました。

a0100721_21344382.jpg


アイラさん、なんと知事にナデナデしていただきました♪

a0100721_21351296.jpg


防災訓練の様子です。
先輩救助犬たちが被災者発見のデモンストレーションをし、航空自衛隊の方が
家を壊して救出している訓練の様子です。

a0100721_21373863.jpg


入場・退場は自衛隊のトラックに乗ってます。

a0100721_21385741.jpg


終了後はお約束の記念撮影♪
「コレはいったい何ですか?」

a0100721_21431315.jpg


そして日曜日はレッスンに出かけました。
昨夜の雨はすごかったらしく、レッスン場には多数の水たまりができていました。
今日のアイラはワガママ放題・・・
レトリーブのレッスンでも、ダミーは嫌だ、鴨のぬいぐるみがいい、ボールが欲しい、等々。
雨上がりの水たまりやいろんな匂いの誘惑もあったのでしょう。
そしてもちろんレッスン後は、水たまり(というより池)にダイブ!!
・・・彼女もまだまだです。

本当に最近の荒天には困ってしまいます。
人的被害も出ているようですし、いつになったら穏やかな秋のお天気になるのでしょうか?
[PR]
by jaiko-islay | 2008-08-31 21:58 | 訓練

【番外編】 人&犬救命救急方法

再びジャイアンです。
前回の続き、今回は最後でちょっとだけ紹介した救命救急セットについて。

じつはジャイアンは最近、東京都の普通救命救急士の資格をとりました!
普通救急救命講習を修了して救命技能認定証を貰いました。(←訂正)
2005年に改定されて、昔~しに習ったのと違って全然違っていました
なかでも認識が変わった項目を紹介します

①人工呼吸のマウスピース使用
人工呼吸は病歴がわからない見ず知らずの人など感染が心配な場合には
感染防止のために直接口を接触する"mouth to mouth"は推奨しません。

そのため、感染防止のためにマウスピースを携帯します。
(無い場合は人工呼吸なしで心臓マッサージにうつります)
a0100721_21442366.jpg

使用方法はこのように要救助者の口に入れてマウスピース越しに人工呼吸をします。
逆支弁付で直接接触することがありません。
a0100721_21462438.jpg

※撮影協力:たらこキューピー抱枕さん

②AEDの使用方法&実技
最近普及してきたAEDの使用方法と実技がありました。
AEDといえばERとかでやっている止まっている心臓を動かす電気ショックと
同じと思っていたのですが認識違いで心停止状態の人には動作しません。
心停止の原因となる心室細動(不整脈)状態から回復するものです。

使い方も音声アナウンスに従い取り付け、スイッチを押すだけでよく
正常な心電図など除細動が必要のない場合には絶対に作動しないので安全です。
人がAEDを使用するというよりも、AEDに人が操られます(技術の進歩は恐ろしい)

③止血方法(直接圧迫止血法)
普通救急救命では昔教えられたバンドや紐をまきつける止血帯方法は難しいため推奨されていません。
直接圧迫止血法で出血部位をガーゼやタオルで直接手で押さえる方法です。
このとき需要なのは感染防止のために必ずゴム手袋やビニール袋をつけて使用することが推奨されます。
(病歴の不明な人の血液を直接触ると血液感染の危険があるため)

最近の秋葉原事件の救助者へのB型肝炎の感染の危険性という問題がありましたが
いざというときの救助時の自衛のために、ビニール袋を携帯することをオススメします。
突然のワンコのトイレ袋としても便利ですよ。

以上が人命救助の普通救命講習の内容です。

ここからはみなさん重要な犬命の救命救急方法を調べてみました
NPO法人のANICEから抜粋)
知り合いのニューファン飼さんが、愛犬の突然の心停止のときに必死に蘇生法を行ったという話を聞きました。
いつ、必要になるかわからないので覚えておきたいと思っています。

●口の保定
パニック状態の犬や猫はかむこともあるので、ケガの処置をするときなどは包帯やタオルなどで口輪をする。
a0100721_10581751.jpg

※撮影協力:アイラさん

●人工呼吸の仕方
倒れている犬が明らかに呼吸をしていない場合には「マウスツーノーズ」で人工呼吸を開始する。自発呼吸が起きるまで続ける。

1.動物の身体を右側をしたにして寝かせ、首をまっすぐに伸ばして気道を確保する。
2.動物の身体を口と鼻を自分の口ですっぽりと覆う。更に動物の唇を横から両手でおさえて空気の漏れを防ぐ。
3.ふ~と、犬の胸部が膨らむように息を入れる。急速に吹き入れると空気が胃の方に入ってしまうのでゆっくり吹き入れる。1分間に10~15回が目安

心臓マッサージの仕方
●心臓マッサージの仕方
右側を下に心臓側が上になるように寝かせ、心臓があるあたり(左前足の付け根の後ろ、助骨の数が数えられれば、6~8番目あたり)を圧迫する。心臓マッサージが必要とされる時には同時に人工呼吸も必要なので、2人がかりでタイミングを合わせて行うとよい。くれぐれも息を吹き込んでいる間は心臓マッサージはしないこと。
小型の動物では強く押さえすぎないよう、大型の動物ではちゃんと圧迫できるよう強めに心臓マッサージを行う。
☆心臓マッサージ(中・大型犬)
1.親指の付け根の膨らんだ部分を心臓マッサージの圧迫点に置き、もう一方の手を重ねる。
2.リズミカルに押す。一分間に80~100回くらいのペースで。声を出して数えながら行うとよいでしょう。
3.10回ほど押したら1回人工呼吸を。脈拍が戻るまで繰り返す。

!!ここで、注意!!
正常な相手に、心臓マッサージをすると心臓の動きが異常になり
心停止する可能性あるので絶対に試さないこと!!!

人工呼吸は試すと、多分咬まれます・・・・
コッカーの場合はマズルが長いので口は覆えないので鼻から息を入れることになるでしょう。
※多少、口が臭い場合は我慢してください。
a0100721_10583458.jpg

※撮影協力:アイラさん

AEDは人間用です、犬には使用しないでください。

他にも災害時に備えてもHPに記載してあるので参考にしてみてください。
我が家も災害に備えて救急キットと災害持ち出しキットを準備しようと準備中で~す。


追伸:アイラさんの協力のもと画像を挿入しました(6/17)。
[PR]
by jaiko-islay | 2008-06-16 22:59 | 訓練

【番外編】 第八消防方面見学ツアー参加!!

ジャイアンです。
今回は番外編として仕事半分/趣味半分で参加した東京国際消防防災展2008
のイベントツアー”横田基地・第八消防方面見学ツアー”の様子を伝えます。

6/6の金曜日、東京ビッグサイトに朝9時集合で黄色い「はとバス」に乗って
米軍の横田基地の消防施設と東京消防庁 第八消防本部を見学
a0100721_21522146.jpg

生まれて初めての「はとバス」!!さすがに、バスの中は消防設備関係者とか現役の消防士とか・・・・・

前半の米軍の横田基地見学は軍事機密で撮影&ネット掲載禁止ということで詳細は無し
感想としては東京都にアメリカの街がありました、昼食のローストビーフもウマウマ♪

後半は立川の東京消防庁第八消防本部へ訓練の見学
a0100721_21564417.jpg

ここは消防救助機動部隊(ハイパーレスキュー)が配置されています。
わんこ発見!!
ハイパーレスキューのエンブレム、セントバーナードの救助犬のバリイ号を中心にまわりはフック付ワイヤーが描かれています。
a0100721_21583460.jpg


まずは、電車事故の救助訓練見学
実際の都営地下鉄の車両とクレーンにつるされたヘリの一部があり、地上救助した人をヘリから降下した隊員がヘリへと運び上げる訓練。
緊張感のある実践的な訓練が行われていました。
a0100721_22233794.jpg

a0100721_22333013.jpg


次に、瓦礫の捜索・救助訓練
2班に分かれて捜索をし、瓦礫の中と車の下から救助する訓練。
隊長が常に指示を出し副隊長が補佐、隊員がその指示に従い捜索するという指揮体系がしっかりしていました。
要救助者の捜索はドイツ製の人命探査装置『シリウス』やビデオスコープで行います。
『シリウス』は最大20mまで探索可能で、電磁波により人の心臓の鼓動や肺の動きを探知します。
(新潟県中越地震で生存者発見に貢献しました)
a0100721_22444066.jpg

a0100721_2244564.jpg

ハイパーレスキューの特徴として大型重機の車両を配備して災害現場での障害物排除も迅速に行うことができます。
このクレーンは高速道路走行可能で20tの持ち上げ能力があります。
a0100721_23363888.jpg

他にも、8床の処置可能なベッドを有するスーパーアンビュランスも配備されています。
隊員の説明の中で「幸い、この車両まだ使用されたことがなく今後も使用されることがないことを願っています」と言われたのが印象的でした。
※この二日後に起きた秋葉原通り魔事件に出動したスーパーアンビュランスは第二消防方面本部(大田区)所属のものです。
a0100721_23194887.jpg

最後にお土産で救急救命セット(マウスピース、三角巾等が入ってる)を買って帰りました。
これで、自分も少しは役に立てるかな??
a0100721_23443348.jpg


<追伸>
岩手・宮城内陸地震にハイパーレスキュー隊員が派遣されています。
御安全と御活躍をお祈りします。
[PR]
by jaiko-islay | 2008-06-14 23:56 | 訓練

鳥猟犬がいっぱい

昨日、ある訓練士さんのスクール見学に行ってきました。

最近、アイラの訓練について色々悩んでいました。
テンションが高く、落ち着きのない(我慢できない)彼女をどうコントロールすればいいのか。

そして、以前から気になっていたブログの訓練士さんに思い切って相談することにしました。
自ら「鳥猟犬種のファンシャーである」とおっしゃっている方です。
アイラも鳥猟犬種。ぜひ一度お目にかかってお話をお伺いしたいと思っていましたが
ちょっぴり遠方なのでずっと躊躇していました・・・

a0100721_1144509.jpg


あいにくの雨でしたが、とてもアットホームな雰囲気の中、訓練を見学させていただき、
見学者(私たち合わせて3組)も加えてちょっとした運動会を開いていただきました。
『脚側歩行より何より先に、「マテ」 と 「コイ」 を徹底的に、しかし楽しみながら馴致』
というスクールの方針がよくわかる種目でした。

また、E・ポインターでフィールドトライアルをなさっている方が遊びにいらしていて、
なかなか見られない、実際の訓練風景を見せていただくという幸運も。
広い広いフィールドで思うままに犬をコントロールしているハンドラー、そして
嬉々として仕事をしている鳥猟犬(ポインティングドッグ)の姿は感動的でした。

a0100721_11452672.jpg


英ポインターはこの長い尾のおかげで、茂みに入ってもハンドラーから目視できるそうです。
しかし独ポインターは鳥以外の猟にも使われるため、断尾されるのだとか。
キリリとした美形さんです。

a0100721_11455069.jpg



それにしても、集まった犬種が面白かったです・・・
ジャーマン・ショートヘアード・ポインター3頭にイングリッシュポインター3頭、
ラブラドール・レトリバーにEコッカー(アイラ)にコッカプー。
そしてホワイトシェパードにスタンダードプードル。
なんて鳥猟犬がいっぱい、さらにみんなルーツは働く犬種ばかり!
見ているだけでも面白かったです。


印象的だったのが、フィールドトライアルをなさっている方の
「鳥猟犬は怒ったらダメになる」という言葉と、
訓練士さんの「アイラちゃんはもっと褒めてあげればいいのに・・・」という言葉、
そして生徒さん(ニンゲンもワンコも)も訓練士さんも皆、とても楽しそうに訓練している姿。
反省と同時に収穫の多い一日に感謝。

a0100721_11472063.jpg


アイラと私たちも、この訓練士さんにお世話になろうと思います。


追伸:動画いただいちゃいました♪
    こちらからご覧いただけます。
[PR]
by jaiko-islay | 2008-06-09 12:06 | 訓練

訓練のご褒美

昨日はアイラの訓練でした。
雨が降って寒かったけど、いつも通りめちゃめちゃ楽しそうでした。

みんなはアイラがでっかい水溜りにダイブするのを期待してくれていたようですが
代わりに、くっつき虫の藪に飛び込んでくれました・・・
(また大事な毛がちぎれてしまった・・・)
本当に、(悪い意味で)期待を裏切りません。

ところで、訓練に行くとき、みんなそれぞれ特別な訓練のご褒美を持参します。
お肉だったり、おいもだったり、チーズだったり。
特に捜索訓練においては、においの強い特別なご褒美でモチベーションを上げることが
大切なんだと教わりました。

昨日は、お肉を持っていったけど、イマイチだったみたい・・・
これまでで反応がよかったのは、レバーとかぼちゃと梨だったかな?
アイラはお野菜や果物が大好きです。
これは生後7ヶ月頃、カボチャを盗んで逃走中。
a0100721_21295780.jpg


a0100721_2128651.jpg

これはちょっと前に作ったクッキー。
お留守番のときにあげたり、家でのシツケに活躍しています。
作り方はとっても簡単。
  ・粉(小麦粉や上新粉)・・・100グラム
  ・かぼちゃの水煮・・・4分の1個分くらい
  ・オリーブオイル・・・大さじ2くらい
これをボールの中でよく練って、30分くらい冷蔵庫で寝かせてから型を抜いて焼きます。
レバーを細かく切ったものを入れることもあります。
我が家の古いオーブンレンジだと、220度で20分くらいで焼きあがります。

さて、来週の訓練のご褒美は何になるのかな??
[PR]
by jaiko-islay | 2008-04-14 21:43 | 訓練

愛犬のお散歩マナー教室

今日、横浜市の今川公園で行われた、「愛犬のお散歩マナー教室」に参加してきました。
20頭くらいのワンコとオーナーさんが集まっていたかと思います(記憶が怪しい)。
年齢も、5ヶ月齢くらいから6歳くらいまで幅広く、犬種も様々でした。
a0100721_21162897.jpg

ワンコとオーナーさんの間のルールは、それぞれのオウチによって様々で、
よそ様にご迷惑をおかけしない限りは「これが正解」というのはないと思っています。
でも、我が家では、理想と現実のギャップもあり、正直、まだ「我が家のルール」を
どうしたらいいのか悩む部分もあります。
(本当はきちんと脚側歩行してほしいのに、好奇心旺盛&人好きなので気が散りまくり。
彼女の長所は生かしてあげたいけど、このままでは人間も困ってしまう・・・みたいな)
何かきっかけがつかめたらな、という思いで行ってみました。
(しかも、参加料は無料だったし、予約も不要だったので♪)

教室では、ドッグトレーナーの先生の模範演技を見ながら
「アイコンタクト」「スワレ」「マテ」「ヒール(ツイテ)」などを全員で実際にやりました。
アイラは相変わらず・・・公園の一角のサッカー少年に気を取られ、
今日もまた大変落ち着きのない生徒でした。
(ボールちょーだいっ!とヒンヒン言ってました)
a0100721_21171493.jpg

その後、普段の悩みについての相談コーナーがありました。
「引き癖」「吠え癖」「攻撃性(他のワンコに挨拶できない)」がみんなの悩みベスト3でした。
我が家での悩みと言えば・・・落ち着きがないことと、興奮した時の引き癖!
先生いわく、
「リードを短く持ちすぎるからひっぱる。リードの長さの範囲で自由に歩ければヨシ」
とのこと。
それなら、アイラもぎりぎりセーフかな・・・(苦笑)

先生に個人的に質問するチャンスがあったので、チョークについて聞いてみました。
以前からハーフチョーク&プレミアムチョークは持っていたのですが、
使い方に自信がなかったのと、毛が切れてしまうのが嫌で使っていなかったのですが
やはりアイラは興奮しやすいのでチョーク(ハーフでもよいがフルがベターかも)のほうが
よさそうだとアドバイスをいただきました。
また、「スワレ」や「マテ」はできるものの、ご褒美が出ると嬉しくて立ちあがってしまうこと、
飛びつき癖があることを指摘されました・・・
(でも、コマンドに対する反応はイイので頑張ってくださいね、とフォローしてもらいました・・・)

いやはや、耳の痛い事をハッキリ指摘していただいて、本当に勉強になりました。
参加してよかったです~。

早速今日から、封印していた「毒毛虫」もしくは「アゲハの幼虫」チックな
蛍光オレンジのハーフチョーク&リードで訓練しています・・・
(これ、アイラをお世話してくれたパパさんがお迎えの日に、食器やフードと一緒に
準備してくれていた大切なものなのですが、ブルーローンには色が合わない・・・)
a0100721_2122219.jpg

今日の先生は、和犬のオーナーさんでもあり、褒めるだけではなく、叱るときにはビシッと一発
厳しく叱るという方針の先生でした。
アイラのようにノー天気で細かいコトを気にしない子にはこういうタイプの先生、合っていると思います。
かつて甘噛みで悩んでいた時、動物病院では
「絶対に叱らずにイタイと言って無視してくださいね!」と言い聞かされましたが
ますますエスカレートし、ほとほと困って仲介してくれたパパさんに相談したところ
「マズルを掴んでキャンというまで抑えつけるように」と言われ、実行していたら
半年過ぎた頃にピタリとやらなくなりました。
今日の先生も、甘噛みに対してはパパさんと同じアドバイスをなさっていました。
もちろん、犬は犬種や性格によって本当に様々なので、そうするべきでない子もいるでしょう。
でも、「犬が可哀想だから、という理由で叱ることができない飼い主が多い、しかしながら
その方がお互い不幸なのに・・・」というお話に、本当にその通りだと感じました。
a0100721_2123438.jpg

今後もアイラといい関係を築けるように、今後も試行錯誤して頑張らなきゃね~!
[PR]
by jaiko-islay | 2008-03-01 21:30 | 訓練

嵐のガレキ訓練!

今日の関東地方はすご~い風です。
週末はもっとすご~い風でした。
(週末の北海道は大嵐だったそうで・・・お見舞い申し上げます)

日曜日、あの暴風の中、アイラは救助犬訓練チームの一員として
警察と合同のガレキ訓練に参加させていただきました。
会場は、とある集合住宅の解体現場です。
a0100721_1342396.jpg

ガレキでの訓練は初めて&最大瞬間風速26キロという悪コンディション。
「最初は足場の悪いガレキを怖がる子もいるけど大丈夫・・・?」と気遣ってくれる先輩方。
(しかし私の不安は、ぴょんぴょん犬が興奮して脱走してしまうコト・・・)

アイラは悪い足場をモノともせず、ものすごい勢いで走り回っておりました。
全く恐怖心はないようです。
楽しいオモチャ(木切れ)が落ちていないかと気を散らせながらも、
一度目はどうにか、訓練成功!
しかし二度目は、オモチャ(木切れ)捜索に気を取られ、訓練になりませんでした。
最近のアイラの悪い癖です。
(下の写真は訓練チームのHPより拝借)
a0100721_1258291.jpg


今までは、
隠れている人を捜す→大好きな紐付きボールで遊んでもらえる→嬉しい だったのが
一歳を過ぎてズル賢くなってきた彼女は
人を見つけてボールを貰ってもすぐ取り上げられる→代わりに木切れを拾ってくる
→これで一緒に遊ぼうと挑発してくるようになってしまいました。
挑発に乗らず、無視していればそのうち悪癖は直る・・・と信じて悪戦苦闘中です。
今回は、新しい場所を経験させられたことが、最大の収穫でした。
このような訓練をセッティングしてくれた方々には本当に感謝です。
また、アイラが寒くないようにとキャリーを車に入れてくれたBくんファミリーにも感謝。

ところで、この訓練・・・都内某所で行われたのですが
夫ジャイアンが車でスキーに出かけてしまったため、私はキャリーをガラガラ引いて
会場まで電車で行ってきました。
帰り道・・・アイラの重みでキャリーが壊れた(涙)
修理できるのかな?メーカーに問い合わせしてみます。
a0100721_13125435.jpg



追伸:
昨日、お友達のdoredoreoさんに素敵なプレゼントを頂きました♪
「ワンワンびいる」と可愛いオモチャ!どうもありがとうございます。
a0100721_13214386.jpg

あひるさん、早速遊ばせていただいています。
あら?姿が見えないと思ったら・・・
a0100721_13225263.jpg

「ワンワンびいる」はニンゲンの晩酌の際に合わせてレポートさせていただきます♪
[PR]
by jaiko-islay | 2008-02-27 13:24 | 訓練


カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク
■パピプー家族と他4犬種=8わんころ達★
(トイプードル×パピヨンMIX犬みゅうくちゃんとその子犬のどるとんくん&ぽもろんくんメインに★Eコッカースパニエル★Eスプリンガースパニエル★チワワ★ダックスとのブログ)
■E.S&A.Cスパニエルsofa君とメイちゃん奮闘記
(2頭のスパニエルと暮らすsofa君パパさんのブログ)
■くわんくわん
(English Coker Spanielの男の子Nackくんとニンゲンの女の子のNackloveさんとのラブラブニコニコな毎日の日記♪)
■Liana Kennel
(ENGLISH COCKER SPANIELS
ドッグショーでの活動や犬の話題を中心に展開しています。)
■CHEVYのひとり言
(イングリッシュ・コッカー・スパニエルCHEVYくんの写真日記。)
■Saku Loft Garden気まぐれDiary
(px3さんと愛犬レトリバー3頭との遊び記録。GRTやWTで活躍されています。お写真も素敵です。)
■GioGio&Me
(ワイマラナーのジョジョくんとつむじさんの日々の記録です。)
■うらんの気ままな日記
(黒ラブのうらんちゃん&仲間達の楽しい日常。)
■ほめろぐ
(ウィペット「レイチェル」「ブリジット」との暮らしを中心とした徒然日記)


【資料・犬種図鑑 等】
■ペットフード事件簿Blog
キャットフード、ドッグフードの情報やニュースについて紹介しています。

■DOG GUIDE BY ANIMAL PLANET 犬種図鑑|犬種大百科

■ペットいっぱい【犬種図鑑】日本一の動物総合サイト×動物大図鑑
最新のトラックバック
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧